愛人契約をしていた人妻との素敵な話

この話は愛人契約サイト攻略には関係ない風かとも思います。それでも体験談としてお伝えしておきます。

愛人契約サイトを通じ、色々なタイプの愛人と出会って来た中に、「とにかくやたらと遊びたがる愛人」がいたんです。

これじゃ何の事だか伝わりませんよネ?そんな愛人は慎重150センチ程の小柄でコケティッシュな雰囲気でした。結果、彼女に引き摺り回されるかの如く、私も遊びまくりました。

色々なテ−マパ−クで乗り物を制覇したり、市民体育館でスポ−ツに興じたり。2人でキャッチボ−ルデ−ト、ってのもありましたし、冬なら当然、雪だるま作りに雪合戦。

そんな愛人と過ごす時間は、言い換えれば童心タイム。「次は何して遊ぼうか?」って、まさに子供の頃のまんま、でした。そして実は、彼女とは最後までエッチしなかったんです。

毎回はしゃぎまわる日々を重ねるうちに、そんな事を切り出せなくなってしまったのです。もしも私が、エッチの「エ」だけでも仄めかした瞬間に、この関係が終わってしまいそうで怖かったんです。

彼女にこんな風に尋ねた事がありました。「どうしてそんなに毎回、色んな事で遊びたいのかな?」って。彼女の答えはこうでした。「学生時代の初恋をもう1度やってるの」。

彼女にとって絶対に忘れられない初恋の思い出を、もう1度辿っているのだとか。愛人契約した現在も、私と過ごす時間はあの頃に戻れるのだと話してくれました。

結局最後までエッチする事無く、彼女とも疎遠になりましたが、私の中でもあの愛人契約サイトでの日々は忘れられない宝物となっています。